これで解決!ダイヤモンド4C相談室

婚約指輪を選ぶ時は、ダイヤモンドの4Cの中でもカットを優先すると良いでしょう。その次がカラット、そしてカラー、クラリティと続きます。

鑑定書がないと価値が下がる?

on 2017年8月13日

ダイヤモンドの指輪やネックレスがあるのだけれど、使わないので売ってしまおうかと考えている人もいるでしょう。

しかし、鑑定書がない場合、買取してもらえないとか、してもらえても査定額が鑑定書のあるものよりも低くなるという話がありますが本当なのでしょうか。

・鑑定書がない場合のデメリットとは

ダイヤモンドの4Cが記載された鑑定書がないダイヤモンドの場合、買取を依頼しても鑑定書のあるダイヤモンドよりもいくらか査定額が低くなると言われています。

鑑定書がないとそのダイヤモンドの品質が良くわからない、偽物かもしれないというのが理由です。

買取店の中には、鑑定書がないダイヤは買取しないというところもあります。

・買取店を選べば大丈夫

少しでもダイヤモンドを高く買取して欲しいと思うのは誰でも同じです。

でも鑑定書がないから無理かなと諦めている人もいるでしょう。

しかし、ダイヤモンド買取店によっては鑑定書がないから査定額が下がることはないと言うところもあります。

これは、その買取店にダイヤモンドの鑑定士が常駐していて鑑定してくれるからです。

このようなお店を選べば鑑定書がなくても問題ありません。

買取店を選べば大丈夫なのです。

・鑑定書がないダイヤを買っても良い?

ダイヤモンドの鑑定書がないとダメというわけではありません。

鑑定書がない分、価格が少し安いですし、人によっては魅力的に見えます。

きちんとした宝石店で購入するのであれば、問題はありません。

ただ、通販などで購入する場合は鑑定書が付いたものにしましょう。

ダイヤの価値は、4Cで決まりますので、高価なものであればできるだけ鑑定書をつけてもらった方が良いですね。

≫≫気になる記事:URLhttp://www.sankei.com/west/news/170411/wst1704110068-n1.html


Comments are closed.